読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの技術日誌

日誌って銘打っていますが、更新頻度が…

mrubyをビルドしてみる

昨晩は京都でGithub創業者の方の講演会に行ってきました。
講演内容についてまとめたいのですが、うまくまとまらないので気が向いたら書こうと思います。
ただ、今日の講演会はかなり刺激を受けました!
先月はrubyビジネスセミナーやFirefoxOSおさわり会にも参加したのですがネタはあるのですが…
苦にならないようにして続けてゆきたいと思うので、今回は勉強会レポートと違う内容について書きます。


前置きが長くなりましたが、記事タイトルの通りmrubyのビルドをしてみました。
なお、ビルドはUbuntu 12.04 LTS 64bit版で行いました。

mrubyはGithubで開発されていますので、そちらのリポジトリからソースコードを取得してmakeします。
gitが入っていない場合はgitの導入から行う必要があります。

$ sudo aptitude install git-core
$ git clone https://github.com/mruby/mruby.git
$ cd mruby
$ make
ruby ./minirake
make: ruby: コマンドが見つかりませんでした
make: *** [all] エラー 127

おっと、rubyが入っていないようです(調べてみると最近のビルドからrakeを使うようになったので必要らしい)。
rubyも最新版を使うためにビルドしてみようかと思いましたが、今回は省略してaptでrubyを導入することにしました。

$ sudo aptitude install ruby1.9.3
$ ruby -v
ruby 1.9.3p0 (2011-10-30 revision 33570) [x86_64-linux]

表示された日付からも古いバージョンであることがわかります。
後々rubyも自力ビルドをしたいと思います。

rubyを入れて再びmakeを実行。

$ make
ruby ./minirake
(in /home/yosuke/mruby)
CC    tools/mruby/mruby.c -> build/host/tools/mruby/mruby.o
CC    src/init.c -> build/host/src/init.o
CC    src/crc.c -> build/host/src/crc.o
CC    src/math.c -> build/host/src/math.o
CC    src/object.c -> build/host/src/object.o
CC    src/compar.c -> build/host/src/compar.o
CC    src/array.c -> build/host/src/array.o
CC    src/numeric.c -> build/host/src/numeric.o
CC    src/dump.c -> build/host/src/dump.o
CC    src/regerror.c -> build/host/src/regerror.o
CC    src/gc.c -> build/host/src/gc.o
CC    src/st.c -> build/host/src/st.o
CC    src/error.c -> build/host/src/error.o
CC    src/regparse.c -> build/host/src/regparse.o
CC    src/regexec.c -> build/host/src/regexec.o
CC    src/proc.c -> build/host/src/proc.o
CC    src/string.c -> build/host/src/string.o
CC    src/re.c -> build/host/src/re.o
CC    src/state.c -> build/host/src/state.o
CC    src/hash.c -> build/host/src/hash.o
CC    src/print.c -> build/host/src/print.o
CC    src/regcomp.c -> build/host/src/regcomp.o
CC    src/vm.c -> build/host/src/vm.o
CC    src/kernel.c -> build/host/src/kernel.o
CC    src/sprintf.c -> build/host/src/sprintf.o
CC    src/class.c -> build/host/src/class.o
CC    src/time.c -> build/host/src/time.o
CC    src/pool.c -> build/host/src/pool.o
CC    src/etc.c -> build/host/src/etc.o
CC    src/range.c -> build/host/src/range.o
CC    src/codegen.c -> build/host/src/codegen.o
CC    src/regenc.c -> build/host/src/regenc.o
CC    src/variable.c -> build/host/src/variable.o
CC    src/symbol.c -> build/host/src/symbol.o
CC    src/load.c -> build/host/src/load.o
CC    src/enum.c -> build/host/src/enum.o
CC    src/struct.c -> build/host/src/struct.o
YACC  src/parse.y -> build/host/src/y.tab.c
sh: 1: bison: not found
rake aborted!
Command Failed: ["bison" -o "build/host/src/y.tab.c" "src/parse.y"]

make: *** [all] エラー 1

今度はbisonが無いと怒られてしまいました。
これも追加します。

$ sudo aptitude install bison
$ ruby ./minirake
(in /home/yosuke/mruby)
CC    tools/mruby/mruby.c -> build/host/tools/mruby/mruby.o
CC    src/dump.c -> build/host/src/dump.o
CC    src/class.c -> build/host/src/class.o
CC    src/etc.c -> build/host/src/etc.o
CC    src/regparse.c -> build/host/src/regparse.o
CC    src/regenc.c -> build/host/src/regenc.o
CC    src/gc.c -> build/host/src/gc.o
CC    src/crc.c -> build/host/src/crc.o
CC    src/init.c -> build/host/src/init.o
CC    src/string.c -> build/host/src/string.o
CC    src/proc.c -> build/host/src/proc.o
CC    src/math.c -> build/host/src/math.o
CC    src/range.c -> build/host/src/range.o
CC    src/load.c -> build/host/src/load.o
CC    src/vm.c -> build/host/src/vm.o
CC    src/variable.c -> build/host/src/variable.o
CC    src/struct.c -> build/host/src/struct.o
CC    src/symbol.c -> build/host/src/symbol.o
CC    src/compar.c -> build/host/src/compar.o
CC    src/re.c -> build/host/src/re.o
CC    src/regcomp.c -> build/host/src/regcomp.o
CC    src/codegen.c -> build/host/src/codegen.o
CC    src/state.c -> build/host/src/state.o
CC    src/array.c -> build/host/src/array.o
CC    src/object.c -> build/host/src/object.o
CC    src/enum.c -> build/host/src/enum.o
CC    src/error.c -> build/host/src/error.o
CC    src/regexec.c -> build/host/src/regexec.o
CC    src/kernel.c -> build/host/src/kernel.o
CC    src/pool.c -> build/host/src/pool.o
CC    src/print.c -> build/host/src/print.o
CC    src/regerror.c -> build/host/src/regerror.o
CC    src/sprintf.c -> build/host/src/sprintf.o
CC    src/hash.c -> build/host/src/hash.o
CC    src/numeric.c -> build/host/src/numeric.o
CC    src/time.c -> build/host/src/time.o
CC    src/st.c -> build/host/src/st.o
YACC  src/parse.y -> build/host/src/y.tab.c
CC    build/host/src/y.tab.c -> build/host/src/y.tab.o
CC    tools/mrbc/mrbc.c -> build/host/tools/mrbc/mrbc.o
AR    build/host/lib/libmruby_core.a 
ar: creating build/host/lib/libmruby_core.a
LD    build/host/bin/mrbc 
GEN   *.rb -> build/host/mrblib/mrblib.c
      MRBC mrblib/print.rb 
      MRBC mrblib/hash.rb 
      MRBC mrblib/range.rb 
      MRBC mrblib/string.rb 
      MRBC mrblib/array.rb 
      MRBC mrblib/struct.rb 
      MRBC mrblib/enum.rb 
      MRBC mrblib/compar.rb 
      MRBC mrblib/kernel.rb 
      MRBC mrblib/class.rb 
      MRBC mrblib/numeric.rb 
      MRBC mrblib/error.rb 
CC    build/host/mrblib/mrblib.c -> build/host/mrblib/mrblib.o
AR    build/host/lib/libmruby.a 
ar: creating build/host/lib/libmruby.a
LD    build/host/bin/mruby 
CC    tools/mirb/mirb.c -> build/host/tools/mirb/mirb.o
LD    build/host/bin/mirb 

Build summary:

================================================
      Config Name: host
 Output Directory: build/host
         Binaries: mruby, mrbc, mirb
================================================

Build summaryによると出力先がbuild/hostらしいので中を見てみます。

$ ls build/host
bin  lib  mrblib  src  tools
$ ls -l build/host/bin/
合計 5524
-rwxrwxr-x 1 yosuke yosuke 1888644  2月  1 22:50 mirb
-rwxrwxr-x 1 yosuke yosuke 1871826  2月  1 22:50 mrbc
-rwxrwxr-x 1 yosuke yosuke 1891408  2月  1 22:50 mruby

mirbは対話型環境、mrbcはコンパイラ、mrubyはVMらしいです。
これでビルドは終了です。


ビルドができたので、プログラムの実行も試してみました。
GithubのmrubyページにHello Warldと実行方法が書いてあるので、こちらのページの通りに進めました。
https://github.com/mruby/mruby/wiki/Hello-World

下記のコードはGithubからの転載です。
・hello.c

#include <stdlib.h>
#include <stdio.h>

/* Include the mruby header */
#include <mruby.h>
#include <mruby/compile.h>

int main(void)
{
  mrb_state *mrb = mrb_open();
  char code[] = "p 'hello world!'";
  printf("Executing Ruby code from C!\n");

  mrb_load_string(mrb, code);
  return 0;
}

コードの意味も、gccのオプションも何も考えずにコンパイルしてみます(おいおい調べます…)。

$ gcc -Iinclude hello.c lib/libmruby.a -lm -o hello.out
gcc: エラー: mruby/lib/libmruby.a: そのようなファイルやディレクトリはありません

早速、ライブラリlibmruby.aが無いといわれてしまいました!
findコマンドで調べても見つからないので、うーんと唸ってTwitterにつぶやくとすぐに助け船がやってきました。
@masuidriveさん、ありがとうございます!


$ ls -l build/host/lib/
合計 7480
-rw-rw-r-- 1 yosuke yosuke 3840040  2月  1 22:50 libmruby.a
-rw-rw-r-- 1 yosuke yosuke     192  2月  1 22:50 libmruby.flags.mak
-rw-rw-r-- 1 yosuke yosuke 3809320  2月  1 22:50 libmruby_core.a

libmruby.aがbuild/host/libの中にありました。
(findがちゃんと使えてなかったのか… 見返すとビルドメッセージにも出力されています。)

パスを変更して再度コンパイルします。

$ gcc -Imruby/include -Imruby/include/mruby hello.c mruby/build/host/lib/libmruby.a -lm -ohello.o
$ ls hello.o
hello.o

エラーも無く、oファイルが生成されました!
生成されたhello.oを実行してみます。

$ ./hello.o
Executing Ruby code from C!
"hello world!"

正しく実行されたので、これでmrubyを開発する環境ができました!


因みに、ビルドしたmrubyディレクトリの直下にlib/libmruby.aが存在しない件についても以下のコメントをいただきました。


確かに、binディレクトリと階層構造を揃えておくとわかりやすいと思いますので、libディレクトリを新たに作ってその中にlibmruby.aを置くことにします。

$ mkdir lib
$ cp build/host/lib/* lib/
$ ls lib
libmruby.a  libmruby.flags.mak  libmruby_core.a


スクリプト言語をひとつくらい扱えるようになりたいと思っていたところ、組み込みに利用できるmrubyを知ってrubyに興味が湧きました。
今後はruby、mrubyの勉強してみようと思っています!
(良いrubyの参考書があれば教えてください。)